慎ましくも楽しい我が家☆

お金がないけどマイホームが欲しい!建築条件付土地でどこまで自分の希望って叶えられるの?!

地味にニーズがあるかと思われるツタワン記事です。

最初にツタワンを検討した時の記事。(工務店との打ち合わせ 懸念事項)

で、ツタワン採用決定。(壁の汚れにどれほどの効果が?ロングツタワン採用)

引越し後の2015/11にこちらの記事を書いています。(ロングツタワンの今)

で、現在。といってもこの写真を撮影したのは昨年の7月。2年目経過。

DSC_0263__mini
おわかりいただけるだろうか・・・拡大してみよう。

(心霊番組ナレーション風に)

DSC_0263_2

キャアアアアアアアアアアアアアア!!!(スタジオの悲鳴)」

つたっとる・・!!!

つたっとるがな!!!!!汚れがつたっとるがなーーーーー!!!!!

これがホラーじゃなくてなんでしょうか。

高額かけて(総額63,000円)とりつけたロングツタワンから、汚れが確かにつたわっているこの事実が

ホラーじゃなくてなんでしょうか!!!!(白目)

そして、これに気付いたのはゴウくんです。

「ねぇ・・・にぃ・・・あれ、汚れだよね」

「・・・・・?!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(絶句)」

「ねぇ、あれつけても、汚れ垂れてるけど?」

「・・・・・・・・・・・・。」

「他のお宅見ても、垂れてないけど?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「なんでうちだけ垂れてるの?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「ねぇ、まさかさ、あえて、あれ(ツタワン)つけたから、垂れてんじゃないの?

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ガクガクブルブル)。」

も、もう、わ、私に何が言えますでしょうか・・・・。

あんなに強気につけたのに、我が家だけ汚れが垂れているというこの事実・・・・!!!

(他の家は同じ条件なのに垂れてないんですよ、ほんと。)

皆様、この事実をどう受け止めるか自由でございますが・・・

あえてツタワン、つけなくてもよかったんじゃね?っていう結論に我が家では達しております。

(号泣)


建物完成
進捗状況をバナーで表してみました。他にもマイホーム検討中の方がいっぱい!


つるバラの姫、ピエールです。


5月に「しのぶれど」と一緒に新苗で「バラの家」さんで購入しました。

7月までの記録はこちら

この子は届いた時から新苗とは思えない位、立派な風格で、

ほんっとトラブルもなくどんどんお手本のように育ちました。

DSC_0264_mini
7月。

DSC_0541_mini
8月。なんか信じられないくらい伸びてます・・・

DSC_0591_mini
8月中旬。フェンスを完全に越えており、どうしようもなくたゆんでる状態。

DSC_0605_mini
9月。やっぱりたゆんでます・・・

DSC_0849_mini
10月。6号から8号鉢へ鉢増ししました。

麻紐でしばっておっかなびっくりの鉢換えです。

DSC_0853_mini
ごろーん。

何センチあるんだろ・・・苗部分だけで130はあるような。

DSC_0859_mini

で、もう、たゆませるわけにはいかないので、フェンスに支柱をくくりつけ、

びしっとまっすぐ伸ばして誘引しました。

いやーものすごい成長具合。ほんっとたまにハダニもついたんですけど、他の子と違って

葉の勢いが違うんで、薬をまけばすぐに何事も無く回復しました。

DSC_0944_mini
10月中旬。鉢増しした途端、成長具合がストップしたほかの子と比べ

どんどん新芽も出しました。すごいピエール・・・

DSC_1601_mini
12月。葉を落として、誘引する事にしました。

本を見ながら、これでいいんかいな・・・とフェンスに誘引。

DSC_1606_mini
フェンスがちょうどいいから誘引したけど、日当たりを考えると、家の壁側に鉢を置いた方が

いいんですよね・・・

うーん、どう出るか。

建物完成
進捗状況をバナーで表してみました。他にもマイホーム検討中の方がいっぱい!



私が一番、楽しみにしているバラ、パシュミナ。


前回の生育記録。新苗の5月~7月までですね。

リビングからいつでも愛でられたらいいな、と思い、リビング前にこの子だけ地植えしたんですが

これが凶と出てしまいました・・・

うちは、庭の前に植え込みがあり、そこが一段高くなっています。

なので、庭に何かを植えると、葉には日が当たっても、

根元にまで日が当たる時間は短いのです。

DSC_0533_mini

DSC_0537_mini
それでもパシュミナはけなげに頑張ってくれました。

8月。しっかり、根元からシュートを出してくれました。

DSC_0596_mini
8月末。すくすく伸びます。

がんばれ、がんばれ。

DSC_0601_mini
9月・・・。シュートの方が伸びてしまいました。

うーん、これは揃えて切ったほうがいいのかな・・・

と思い悩んでいると、ぴたっとシュートの伸びが止まってしまいました。

DSC_0625_mini
なんでだろう?と思ったら・・・

チュウレンジバチにやられていました・・・ついてないパシュミナ。

で、そのあともちっとも成長せず。時が止まってしまったような感じに。

10月、他のバラの鉢増しのついでに、パシュミナも地植えから鉢植えにすることにしました。

地中から掘り返してみたら。

ぽろっと何かの幼虫が。

「わーー!クワガタムシの幼虫だ」と息子。

えっ・・・汗 いや、こんなとこにクワガタムシの幼虫なんていないだろ・・・

多分これは・・・あの悪名高い「コガネムシ」の幼虫では。

どうりで、生育がぴたっと止まったと。どこまでもついてないパシュミナでした。


話はちょっと変わるのですが。

この正体不明の幼虫、面白そうだから育ててみるか、と我が家のカブトムシとクワガタムシの

幼虫の入ったプラケースに入れてみました。

息子の言うように、ひょっとしたらクワガタムシだったりしてwと思ったのですね。

で、幼虫って1ヶ月に1回程度、土を入れ替えないといけないので、

外で土の入れ替えをしたんですが、この、正体不明の幼虫、ものすっごい足が速い。

他のカブトムシやクワガタムシの幼虫がころころもそもそ転がってろくに動かないのに対し

この幼虫はものすごい勢いでしゃくしゃくしゃくしゃくと動いて、庭のたたきから転がりおちまして。

おいおい、動きすぎだろ、と思って手でつかんだら

がぶーーーーーっ!!!!!

と噛み付きやがりまして。

「いてええええええええええ!!!!!」

なんだこいつ!!!幼虫のくせに!すっごいびっくりしました。

もう絶対、クワガタムシじゃないです。きっと悪名高いコガネムシでしょう。(決め付け)

腹が立ったので、幼虫のう●ちだらけの土の袋に放り込んで、

ゴミの日に出してやる事にしました。

DSC_0844_mini
とりあえず鉢に移したので、もうコガネムシは大丈夫・・・?

でもその後も成長は芳しくなく。その上、「しのぶれど」と同じハダニと黒星病に。

DSC_0938_mini
10月中旬。ハダニのせいか葉が透け始める・・・

DSC_1603_mini
12月。ところどころ黒星病のまま。

DSC_1679_mini
1月。葉を落としました。

2月になったらしのぶれどと一緒に剪定しようと思います。

あまり元気のない苗なんで、2/3くらいの剪定が正しいのかな・・・汗

剪定するのも忍びないレベルの苗ですが、「しのぶれど」と違って、2本の枝とも赤いので

一応元気なのかな・・・。

素焼きの鉢も水切れが悪いようなので、剪定のタイミングでプラスチックの6号鉢に

変えようかなぁと思ったりしてます。

ああ、春になったら咲くのでしょうか。大好きなバラなだけにとても残念。

やっぱり新苗から育てるのって難しいなーと思いました。

建物完成
進捗状況をバナーで表してみました。他にもマイホーム検討中の方がいっぱい!



このページのトップヘ