慎ましくも楽しい我が家☆

お金がないけどマイホームが欲しい!建築条件付土地でどこまで自分の希望って叶えられるの?!

辛い不安な時期を迎えている、初代バラたちを尻目にすっくすく育っている

大苗からお迎えしたバラたちの話。

ブルーフォーユー、しのぶれど、パシュミナ、ピエールが我が家初代のバラ。

そして、どうしてもほしくてへそくりから捻出してお迎えしたバラたちが

環(たまき)、ブルドゥパルファム、ジュード・ディ・オブスキュア。

好きなバラは名前が複雑でも覚えられます!!






どれもカップ咲きです。

もうバラに限らずカップ咲き大好きなのです!

全て「バラの家」さまで購入。

IMG_201704221805342_mini
たまき。

IMG_201704221805341_mini
ブルドゥパルファム。

IMG_201704221805340_mini
ジュード ディ オブスキュア。

これは到着時の写真です。

どれもしっかりしてました。1年で枝がここまで育つのか。。。やっぱりプロは違うな・・・

こちらのバラも1つ1つ記事で成長を書いて行きたいと思います。

今はもう、いっぱい葉も増えて、しっかりつぼみもついています。

しのぶれどがあんなになっちゃって、がっかりしてたけど

2世代の大苗ちゃんたちがしっかり咲いて私の心をフォローしてくれるでしょう・・・


建物完成
進捗状況をバナーで表してみました。他にもマイホーム検討中の方がいっぱい!



去年、新苗から精魂こめて育て上げた(私にしては)バラの苗が、

春を迎えてどんどん芽吹くはず・・・だったんです!!!!

私の失態で、1年かけて育てたバラが成果を実らせる事ができるのかどうか

危機的状況にあります。

1つ1つのバラについては詳しく記事にしたいなぁと思っているのですが

まずは薬害についてざっと書こうと思います。

3月。

私がバラのバイブルとして選んだ本「ローズレッスン12ヶ月」に

3月から黒点病やうどん粉病は活動を始めると記載されていたのをみて

オルトランをまきつつ、スプレー式の薬剤を元気に芽吹いているバラにかけました。

まずは、薬剤を散布する前の「しのぶれど」。

IMG_2017042217085711_mini
柔らかな緑の葉がふさふさと育っていてわくわくしていましたが・・・

散布後。

IMG_7489_mini

IMG_7490_mini
根元がうっすら、色が抜けてきて。多分この頃は異変に気付いてなかったと思います。

IMG_201704221708573_mini
あれ?と思い始めたのはこの頃。

明らかに芽がしぼんできまして。え?え?水枯れ?いやいや、鉢の土は湿っているし・・・

原因がわからず検索すると、症状が「薬焼け」に似ている事に気付きました。

IMG_201704221708575_mini

どうしよう、どうしよう

なす術もないままどんどん枯れていきます・・・

IMG_201704221708576_mini

気付いたら、細い方の枝が黒ずみ・・・

太い方の新芽もすべて枯れ果てました・・・

IMG_201704221708577_mini

でも薬やけでここまでになるとはどこにも書いていなくて。

でも、薬さえまかなかったら、こんな事にはなってなかったと思うし。

本当にイキイキ元気だったので。

IMG_7635_mini
そして今。

ひょっとしたら、薬焼けがきっかけの病気?と思い、黒くなった枝は切りました。

この太い方も切り詰めた方がよいのだろうか・・・と思いつつ

悲しくて悲しくて

1年、ずっと育ててきたのに・・・やっと春が来て、たくさん新芽も出て、

数ヶ月でたくさんお花を咲かせてくれるんだって思ってたのに・・・

もう自分のおろかさに腹が立って悲しくて・・・

被害が一番早急に出てこんな風になってしまったのは「しのぶれど」だけなんですが

他の「ピエール ド ロンサール」「パシュミナ」「ブルーフォーユー」も同じように散布したので

やっぱりじわじわと影響が出ていて、今はそれが一番心配なのです。

IMG_7582_mini
散布直後。まだ葉があります。

IMG_7634_mini
現在。

そもそもブルーフォーユーは太い右の枝に栄養がとられているような状態でしたが

細い枝ばかりの左側の芽が黄色く枯れて葉が落ちて、寂しい状態になっています。

それでも健気につぼみをつけていますが。

ひょっとしたら、右側の枝は全部選定してしまったほうがよいのではないかと

悩んでいます・・・

しのぶれどみたいに、黒く枯れていくんじゃないかと・・・

IMG_7637_mini
パシュミナ。

元気に見えますが、確実に何かに蝕まれています。

IMG_7638_mini
ただ、芽の根元がしのぶれどやブルーフォーユーと違い、

太いせいか、まだまだ葉は赤く元気な状態ではあります。

そして心配が要らない様子の「ピエール ド ロンサール」。

IMG_7630_mini

これは葉の色も赤くててかてかしてるし、何より芽吹きの勢いがすごくて

黄色い葉もちらほら見られてますが、どってことないわ!って感じで

どんどんつぼみをつけてます。この子はほんとすごい・・・つるバラって強い・・・

しのぶれどはもう今年は駄目としても、ブルーフォーユーとパシュミナはなんとか

がんばってほしい・・・!と祈るような気持ちです。

ちなみに、この症状が薬枯れだった場合、原因は、3月のからっからのバラの状態に

薬剤をまいたことで、ものすごくダメージを与えてしまったようです。


薬剤をまく前に、必ず水をたっぷりあげて、1時間以上あけてから薬剤を散布するのが

正しかったようです。

うううううう、もう来年は絶対に!!薬まかないんだから!!!涙涙涙

でも、どうしてパシュミナは平気だったんだろう?

葉の種類からして違う感じはしますが(赤っぽいてりてりの葉は強いのかなと思います。)

パシュミナだけ、素焼きの鉢なんですよね。

水をあげてなかったのは、パシュミナも同じ条件だったのに、と思うんですけど

ひょっとしたら素焼きの鉢だけいつも湿っていたので

割とパシュミナは水分が貯まっていて、強いダメージを受けずに済んだのではと思っています。


皆様もお気をつけください・・・

建物完成
進捗状況をバナーで表してみました。他にもマイホーム検討中の方がいっぱい!



お庭の花を見直す計画中記事です。

前回記事「3年目の庭 改造計画2「3年目の庭 改造計画1」

【1】我が家の庭は、南側に施設の植え込みがある上に、一段高くなっていること

【2】そして我が家の建物自体が南東を向いているということがあって

春、夏は南側よりも朝早くから光が庭に差しますが、正午には下手すると太陽が隠れます。

というわけで、ほぼ半日陰に分類される庭です。

でも、【1】の問題を解決すれば、多分日光が必要不可欠な植物も上手く育つんじゃないか?

と思い、フェンスにハンギングをひっかけて、自分好みの植物はそこで育てる事にしました。

バラは、基本的に鉢植えにし、季節やバラの性質にあわせて一番日の当たるエリアに移動させて

対処することに。
日照問題
うちの庭の俯瞰図です。

緑のぼっさーとしたのは某施設の植え込みで、巨大なハナミズキと楓です。

昨年、うちの庭にまで侵食してきてた枝を切ってもらいましたが

それでも日当たりの障がい物です。今、ハナミズキはピンクの花を咲かせていますが・・・

Aエリアは早朝~10時、どの季節であっても確実に日が当たる場所です。

Bエリアは春・夏の9時~15時くらいに日が当たる場所です。

Bエリアの緑のエリアが我が家の地植えエリアで、

Aエリアの丸いのがバラの鉢です。

Cエリアは完全北向きの玄関。でも、春~夏にかけて奇跡的に1時間くらい日が差すという

場所で、さえぎるものは何もない、明るい風通しのよい日陰です。

いつも寄せ植えを置いています。

そして今回はBエリアのフェンスにハンギングをかけてみたよ、という話です。

IMG_7496_mini

IMG_7498_mini

少しでも高いところで、日光に当てようと言う魂胆で。

明るい黄緑色と私の好きなシルバーリーフ。

黄緑色の葉っぱは「リシマキア ヌンムラリアオーレア」ですって。何その名前。覚えられません・・・

水草のようなシルバーリーフは「ロータスコットンキャンディ」、

後ろに咲いているのは「アークトチスラルム」だそうです。

こじゃれた園芸店で選んだせいなのか人に名前を覚えてもらおうなんて気がさらさらない

複雑な名称の花たちです。

これに、ヒメフクロソウ、うちの寄せ植えで芽吹いていたノースポールを足しています。

IMG_7503_mini

1つだけじゃ寂しいので、あと2つハンギングを職場の方に誕生日プレゼントとして買っていただきました!

感謝感謝・・・!

IMG_201704221219221_mini
こちらは富良野ラベンダー。たっかいなー。花の苗は300円を超えると高く感じます。

あと私の大好きな「花オレガノ」の「ケントビューティー」。

好きなブロガーさんのお写真に美しく載っていて、以前枯らしたにも関わらず再チャレンジ!

あー、早くピンクの葉が出てこないかなぁ。

IMG_201704221219222_mini
緑でもかわいいけどね!

IMG_201704221219220_mini

あともう1つ。

「オステオオスペルマム」「オレガノ バーバラチンゲイ」(何その名前・・・)

あとラベンダーの「デンタータ モネ」。

デンタータ・・・私の好きなマンガで「デンタータ」がつく人物がいて、

それがとても悲惨な役だったせいで、いつも悲しい思いがついてまわってしまう。

心配なのは梅雨です。梅雨で大好きなオレガノがどうなってしまうか。

どうかうまく育って茂ってくれますように。

建物完成
進捗状況をバナーで表してみました。他にもマイホーム検討中の方がいっぱい!


このページのトップヘ